水素水サーバーならルルドを選びましょう

水飲む

水素水が話題となり、アルミパウチ製の飲料や、スティックタイプの水素水が販売されて、多くの方が水素水生活を始めています。
そんな中でも、やはり、いちいち商品を購入するとコストが掛かるし、家庭で作れる水素水サーバーが欲しいという声が増えてきました。

そこで各メーカーが水素水サーバーの販売に踏み切ったわけですが、その中でも、爆破的な人気を博し、売り切れ続出状態になっているのが、ルルドです。
ここではルルドの水素水サーバーは、どういったものであるのかを紹介していきましょう。

従来の常識を覆した商品

ルルドの大きな特徴としては、従来の水素水では、どうしても容器に関しての心配ごとがあったものでしたが、それが全く関係なくなったことではないでしょうか。

水素は、地球上最も小さな分子である。
この特徴があったため、アルミパウチなど水素が抜けない容器を利用する必要がありました。

ルルドの水素水は、これまでの常識を覆す、いわゆる「水素が抜けない水素水」が生成出来る水素水サーバーなのです。

気になる水素濃度は?

ルルドの水素水の気になる水素濃度は、十分健康効果が期待出来ると言われている0.4ppmの倍の濃さである1.2ppmになります。

十分すぎるほどに濃い水素水を生成することができ、その上で前述にもある通りの「抜けない水素水」なわけですから、個人クリニックや整体院や薬局といった医療従事者がこぞって手に入れたがるのも納得出来るというものです。

他とは違う水素水を実現

ルルドの水素水は、その他の水素水サーバーとは一線を画しているものです。
それもそのはずで国際特許技術を使って生産されており、生成から12時間を経過しても、水素濃度を1.0ppm以上に保つことが出来るという優れた水素水生成機能を有しています。

これによって、従来にあるような保存容器に関しての気遣いなどからは解放されますし、飲みたい時に1から作るといった煩わしさからも解放されるのです。

まさに従来の水素水サーバーに「もっとこんなものがあれば…」といった機能をプラスした水素水サーバーがルルドと言えるでしょう。

ルルドの分離生産方式とは?

これまでの水素水の生成方式といえば、飲料用の水を電気分解して水素を含ませるという方法が主流でした。

しかしながら、電気分解をしてしまった飲料水を飲んでしまった場合、胃酸を薄めてしまうという欠点があったのです。
これによって水素水の抗酸化作用は期待出来るものの、胃腸に新しく悩みの種を抱えてしまうというリスクがありました。

ルルドは、電気分解を一切行わない分離生産方式という方法で生成をしているため、胃腸への負担もありません。
本体で水素を生成し、それを飲料水の中に充填するという方式が、この分離生産方式なのです。

高齢者から乳児まで

こういった特別な方法で生成しているからこそ、ルルドの水素水は、幅広い年代でも、普通に飲料水として利用することが出来るのです。

高齢者から乳児まで、電気分解をして生成しないからこそ、胃腸に負担をかけることなく、水素水が本来持っている抗酸化作用だけを肉体にもたらすことが可能になっています。

だからこそ、幅広い年齢層が利用する個人クリニックや調剤薬局、デンタルクリニックや整体院といった医療系の施設の多くがルルドの水素水サーバーを選択しているといえるでしょう。

国際特許取得製品

一般的な水素サーバーの場合、高濃度な水素を発生させることが出来たとしても、実際に水に溶けている水素は、そこまで高くないなんてことがありえます。

生成出来る水素濃度が○○ppmなんて謳っていても、実際に溶存しているのは、ギリギリ効果が期待できる値をクリアしている程度のものだったり、最悪のものであれば、0.4mmp以下の低濃度な水素水しか生成出来ていないなんてものまで存在します。

ルルドの場合には、1.2ppmの高濃度な水素水を12時間持続させることが可能なのです。
これも販売している会社の宣伝文句でしょうと思われる方もいるでしょう。
しかし、それが本当であると証明しているものがルルドにはあります。
それは国際特許取得商品であるということ。
国際特許は、世界特許とも呼ばれており、日本のみならず、多数の国でも有効な特許ですから、いわばルルドの技術が世界的に認められている証拠とも言えるでしょう。

ちなみに溶存時間の限界時間は72時間となっており、生成時では1.2ppm。
12時間経過しても1.0ppm、更に24時間常温保存をしても、水素水の健康効果が期待出来る値を超える0.6ppmの水素濃度を保ち続けられるという優れた製品なのです。

水の画像

質の高い水素水を求めるなら

前述まででお分かりの通り、質の高い水素水を手間なく生成して飲用していきたいというのであれば、ルルドは、かなりオススメの水素水サーバーと言えるでしょう。

更にコスト面でも、日々に利用することを考え、必要最低限の電圧である24Vの省エネ設計を実現しています。
ランニングコストの中でも気になるメンテナンスコストについてですが、これも9ヶ月に1度カートリッジを交換すればいいだけですから、ローコストと言えるでしょう。

手間なく質の高い水素水を求めるならルルドがオススメです。